お知らせ

ご来訪ありがとうございます。
管理人のウッキーです。
大変長い間放置しておりましたことをお詫び申し上げます。

そしてさらに今後もしばらく放置となります。
そのためコメント、トラックバック共に一切応対できかねます。
メールもお受けすることは出来ません。

重ねてお詫び申し上げます。

その文章のウラにあるもの

体力的にちょっと疲れた時にやる仕事。

古い外来カルテの、インアクティブ化。

これはね。
当院の医事課には、カルテを収納する専用の機械(というか棚?)があってね。
外来カルテは、その機械が管理しているデカイ箱型の棚に保管されてんすよ。
その棚と繋がっているコンピュータに「このカルテを出しておくれ」と入力すると、ロボットが棚の中でカルテを探して、「はいよ」と取り出し口に持ってきてくれる便利な棚なのですよ。
でもその棚に入れるためには、専用のファイルに外来カルテを綴じなければなりません。
そのため、新しい患者さんが来院されると、外来カルテはその専用のファイルで作られます。
このファイルがちょっと特殊でね。
プラスチック製のしっかりしたファイルで、お値段もそれなりにかかっているようです。

そんで。
当然ながら、そのロボットが取り出し・収納をやってくれる棚に、永久的にカルテを収納し続けることはできません。
棚の中がいっぱいになったら「お腹いっぱーい」となって、それ以上収納できなくなります。
そうなっちゃう前に、一定期間来院していない患者さんのカルテを抽出し、棚から取り出して、別の場所に降ろして保管するという作業があります。

別の場所。
それが今ウッキーが引きこもっている、地下のカルテ室なのですよ。

一定期間来院されていない患者さんのカルテは、地下のカルテ室にファイルのまま降ろされます。
プラスチック製のごっついファイルのままで。
このファイルのままで保存してもいいんだけど、このままだと非常にかさばる。
その上新しい患者さんは毎日来るから、新しいファイルも必要。
ファイルを毎度毎度買っていてはあまりにもコストがかかるってんで、地下で保管されている外来カルテは、古い順からファイルから外し、もっと手軽なクリアファイルに入れ替えて、ファイルを再利用することになっています。

この、ファイルからクリアファイルに入れ替える作業。
これがインアクティブ化。

ものすっごい単純作業でとても楽な仕事なので、ちょっと疲れちゃった時なんかに、の〜んびりとやっています。

前置きが長くなりましたが続き↓

染色体異常症による先天性脳奇形

なんという病名でしょうか…
あまりにもファジイというか、とらえどころがないというか、いい加減というか…
もうちょっと情報がほしい病名です。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。